超音波ドライクリーナー

超音波ドライクリーナーについて

超音波ドライクリーナーについて

Q1
いつからクリーナー製品を販売していますか?
A1

1976年から44年間に渡り販売しています(2020年現在)

Q2
どのようなモノをクリーニングできますか?
A2

①平面(フラット)状のワーク、②ロール・トゥ・ロール(R2R)状のフィルム、が主なクリーニングの対象となります。
※その他の形状につきましても可能な限り対応させて頂きますので、詳細はお問い合わせください

Q3
どれくらいの大きさのゴミが除去できますか?
A3

1μm以上のゴミをターゲットに除去します。

Q4
どのようなゴミを除去できますか?
A4

環境異物、人から発生するダスト、繊維、金属系などが除去可能です。

Q5
どのような特徴をもったクリーナーですか?
A5

超音波クリーナーの大きな特徴は以下の3点です。
・非接触式により製品へのダメージがありません
・超音波エアーにより目に見えないμサイズの塵を除去します
・吸引エアーにより塵の再付着を防止します

Q6
どのように塵を除去するのですか?
A6

超音波クリーナー本体には吐出と吸引のスリットが配置されています。
クリーナー本体から噴射された超音波エアーにより剥離した塵を、吸引スリットより回収します。

Q7
どのように超音波を発生させるのですか?
A7

クリーナー本体の内部構造により、20KHz以上の非可聴域(超音波帯域)でエアーを振動させます。
機械的な超音波振動子は使用せず、犬笛同様の原理で振動させるため、部品交換などのメンテナンスの必要はございません。

Q8
どれくらいのサイズまでクリーナーを製作できますか?
A8

クリーニング幅は最小10mmより最大8000mmまで製作可能です。(販売実績ベース)
完全オーダーメイド品のため、お客様のご要望に併せて1mm単位で設計製作が可能です。

Q9
貸出できるデモ機はありますか?
A9

各種デモ機をご用意しています。
※詳細はお問い合わせください。

Q10
どのような業界で採用されていますか?
A10

基板:液晶、有機EL、調光ガラス、太陽電池、PCB
ウエブ:光学フィルム、電池材料、食料品フィルム、製紙、等々

Q11
クリーンルーム・ドライルームで使用できますか?
A11

ご使用いただけます。

ページTOPへ

活用事例

ウェブクリーナー

【各種フィルム/紙】
コーティング前、ラミネート前、カレンダー前、スリッター後、サンドブラスト後、印刷前

基板クリーナー

【LCD 基板】
レジスト膜付け前、露光前、CVD 前、スパッター後、ドライエッチング前、PI 印刷前、ラビング前後、
スペーサー散布前、シール印刷後 (ODF 前) 、張り合わせ前、ガラス分断後

【PDP 基板】
リブ印刷前後、スクリーン印刷前、色素塗布前

【有機 EL 基板】
CR 投入時

【LCOS (ガラス/ウェハ) 】
ラビング前後

スポットクリーナー

LCD 基板】
小型基板
タッチパネル

【光ディスク】
CD
DVD
Blu-ray
ゲーム用

【小型部品】
水晶振動子
セルの TAB 付けリード部
シャフト

【フィルム】
幅狭フィルム
スリッター部
フィルム端部の電極
フィルム基板

03-3263-666203-3263-6662

※営業部直通(9:00~17:00)